トップページへ                      


                                                        《紘基会政務調査費使途報告(平成25年より政務活動費)》

                                       

 豊橋市は平成25年より政務調査費を政務活動費に改名しました。
 政務活動費の使徒基準については
こちらをご覧ください


 ●政務活動費は必要か!について中日新聞(2015年4月)が取り上げました。こちらをご覧ください


 寺本ひろゆきは政務調査費を行政から受け取っておりません
     すべて議員報酬(私費、但し紘基会会費を広報費・事務所費・その他の経費に充当)の中でやっております。
     行革はまず自らの身を削ることから始めるべきだと考えます。
     この制度の廃止を公約にしています。
    

      政務活動費について一言 
       2の議員報酬政務活動費は廃止すべきです。
       【なぜか】豊橋市で言えば議員報酬は年間約900万円です。
        一般サラリーマンの年収は600万円ですから議員は300万円以上多い。
        この300万円が政務活動費です。
        月25万円の政務活動ができます。
        これに不服な人は立候補しなくて結構!
        現在の報酬で議員活動は十分できます。
        やらせてください、という人はいっぱいいます

        私もその一人です。

     
 ●
豊橋市の政務活動費事情について
     豊橋市では政務活動費として議員1人に月額9万円年間108万円(非課税)総額4,212万円(39人分寺本は辞退)
     
が支払われてきました。
     平成23年から議員定数が36名になったため総額3,780万円(108円×35人分・寺本は辞退)が支払われます。
      政務調査費の条例及び規則では政務調査費の使途を以下9つに限定しており、支給の対象は会派(一人会派も含む)です。
     @研究研修費 A,調査旅費 B,資料作成費 C,資料購入費 D,広報費 E,公聴費 F,人件費 G,事務所費
     H,その他会派が行なう調査研究のために必要な経費。

   ・平成29年度紘基会政務活動費を全公開  

 
 ・平成28年度紘基会政務活動費を全公開

  ・平成27年度紘基会政務活動費を全公開

  ・平成26年度紘基会政務活動費を全公開

  ・平成25年度紘基会政務活動費を全公開

  ・平成24年度紘基会政務調査費全公開

  ・平成23年度紘基会政務調査費全公開

  ・平成22年度紘基会政務調査費使途全公開

  ・平成21年度紘基会政務調査費全公開

  ・平成20年度紘基会政務調査費を全公開

 
平成19年度紘基会政務調査費を全公開