特設:等価交換問題 (その2)
                                  駅前再開発事業を考える
                                       トップページへ      特設:等価交換問題へ

                                            

 2020年 1月10日
  昨年5月に審査請求を出していましたが、本日答申書が届きました。
  以下が提出していた審査請求書です。


   従前従後不動産鑑定非公開審査請求書.pdf

  黒塗り部分が17か所あり、そのうち自署や印鑑の印影の4か所を除く13箇所の
  開示を請求しました。
  今回の答申書が開示する、とした箇所は3か所でした。
  しかし、肝心の「なぜアンナ瓢箪型の不整形の土地が、60%も割高の土地価格になるのかそれが分かる標準価格、個別的要因格差率及び試算価格が非公開のままであることです。
                                                       
  

                                   森友学園の裁判ではこの部分も含めてすべて公開せよ、という判決(2020年1月確定)が
                                  出ています。


                          


                               この判決文は
                               「価格形成上の減価要因は、売買代金額と同等に重要な情報というべきであり・・・・・・・
                               本件条項が公にされることにより森友学園に害される恐れのある利益があったとしても、
                               それは基本的に、「権利、競争上の地位その他正当な利益には該当しないというべきである。」
                               として非公開としたことを違法と断じています。
                              
                             
                                同様の文書を非公開決定とした豊橋市をどう告発するか、現在私案中である


                                   

                                   市に問い合わせたところ、この判決が出る前の答申でした。
                                   再度情報公開を行うことにしました。今度は判決が反映されると思います。
                                
                                 




                              1月29日
                        
豊橋市では駅前再開発事業で建設中の高層マンションの2階3階を
                            「まちなか図書館」(仮称)を建設します。
                            そのための保留床4,000㎡に関する鑑定評価書を情報公開しましたが、
                            やはり黒塗り非公開が多い。(写真下)
                             これでは全く市は説明責任を果たしていない。
                             情報公開条例違反なので審査請求を提出しました。


                       まちなか図書館不動産鑑定非公開審査請求書20200129.pdf

                           




                                 3月20日
                                        市より弁明書が届いたので反論書を提出しました。


                                      反論書 まちなか図書館不動産鑑定非公開.pdf